ESTP(起業家)「あるある」事例20選まとめ

  • URLをコピーしました!
斎藤あかり
サイト管理人 / パーソナル診断士 / 心理学修士卒業
こんにちは!斎藤あかりです!普段は企業にお勤めの会社員様に向けた心理療法を実施しています。心理学の修士を卒業しています。

ESTP(起業家)は、MBTIの16パーソナリティーズの中でも特にエネルギッシュで行動力があり、現実的な視点を持つタイプです。彼らは冒険心に富み、社交的で、人生を楽しむ術を知っています。その特異な思考と行動はしばしば「あるある」と共感されることが多いです。本記事では、ESTPが経験しがちな20の「あるある」事例を具体的なエピソードと共にユニークかつ丁寧にご紹介します。

16性格タイプ診断をまだ受けていない人は16personalities公式からぜひ受けてみてください!

あわせて読みたい
【2024年最新】ESTP(起業家)のプロフィールまとめ 【ESTP(起業家)の性格・特徴】 ESTP(起業家)はエネルギッシュで冒険心が旺盛なタイプです。彼らはリスクを恐れず、新しいチャレンジに果敢に取り組む傾向があります...
目次

「あるある」事例20選まとめ

瞬時の決断力

ESTPは瞬時に決断を下します。例えば、週末の旅行先を急に決めて、その日のうちに出発してしまうことがあります。ある日、友人との会話中に「どこかに行きたいな」と思い立ち、その場で航空券を予約し、2時間後には空港に向かっているということもあります。友人から「そんなに急に決めて大丈夫?」と驚かれることが多いですが、彼らは「行動しなければ始まらない」と信じています。

社交の中心にいる

彼らは社交の場で常に中心的な存在です。例えば、パーティーでは場を盛り上げるために、自ら進んでゲームを提案したり、面白い話をして皆を笑わせたりします。あるパーティーで、ESTPが音楽をかけてダンスを始めると、周囲も自然と踊り出し、気づけば彼らが中心となって大盛り上がりの輪ができていました。自然と人々が集まり、いつの間にかESTPが注目の的になります。

挑戦を楽しむ

新しい挑戦を楽しみます。例えば、スカイダイビングやバンジージャンプなど、リスクのあるアクティビティに躊躇なく参加します。ある日、友人が「バンジージャンプに行かない?」と提案すると、即座に「もちろん!」と答え、その日のうちに高い橋から飛び降りました。友人が「怖くないの?」と聞いても、「むしろ楽しみだよ」と笑顔で答えます。

現実的な問題解決

現実的な視点で問題を解決します。例えば、チームのプロジェクトで予期せぬトラブルが発生したときも、冷静に現状を分析し、具体的な解決策を素早く提案します。ある会議中、重要なシステムがダウンした際、ESTPは即座に問題点を特定し、代替策を提示してプロジェクトを再開させました。周囲から「頼りになるね」と信頼されます。

計画より行動

細かい計画を立てるよりも、まず行動することを好みます。例えば、新しいビジネスアイデアが浮かんだときに、詳細なビジネスプランを作る前に、まずプロトタイプを作って市場で試してみます。ある日、ESTPは新しいアプリのアイデアを思いつき、その日のうちに基本的な機能を開発し、友人に試してもらいました。その行動力が評価され、後に大成功を収めました。

高い社交スキル

初対面の人ともすぐに打ち解けることができます。例えば、出張先でのネットワーキングイベントでも、自分から話しかけて多くのビジネスチャンスを見つけることが得意です。ある出張中、ESTPは参加者全員と名刺を交換し、その中の一人と意気投合して共同プロジェクトを立ち上げることになりました。

感情の表現が豊か

感情をストレートに表現します。例えば、嬉しいことがあったときには大声で笑い、悔しいことがあったときには素直にその気持ちを表現します。ある日、仕事で大きな契約が成立したとき、ESTPはオフィス中に響き渡るような歓声を上げ、その喜びを全員と共有しました。周囲からは「感情が分かりやすい」と言われることが多いです。

冒険心に富む

新しい場所や体験を求めて冒険することを楽しみます。例えば、休暇中に予定外の場所に立ち寄り、現地の文化や食事を楽しむことが多いです。ある旅行中、ESTPは突然「ここの山に登ってみたい」と言い出し、予定を変更してその日のうちに登山を決行しました。

リーダーシップを発揮

グループでの活動では自然とリーダーシップを発揮します。例えば、チームビルディングのイベントで、自分から進んでリーダー役を引き受け、メンバーをまとめます。あるチーム活動では、ESTPが率先して役割分担を決め、プロジェクトを成功に導きました。

細かいことにこだわらない

細かいことにこだわらず、大きな目標に集中します。例えば、プロジェクトの進行中に小さなミスがあっても、それを引きずらずに次のステップに進みます。ある時、プレゼン資料の誤字に気づいても、「今は大事なポイントに集中しよう」と迅速に対応しました。

刺激を求める

常に刺激を求め、退屈を嫌います。例えば、平凡な日常に飽きたと感じたら、新しい趣味を始めたり、サプライズパーティーを企画したりします。ある日、急に「新しいレシピを試してみよう」と思い立ち、その日のうちに友人を招いて即興のディナーパーティーを開きました。

現実的なフィードバックを重視

フィードバックを現実的に受け止め、改善に活かします。例えば、ビジネスプレゼンで厳しいフィードバックを受けても、「ありがとう、その通りだ」と前向きに受け止め、次回に反映します。ある会議での厳しい指摘にも冷静に対応し、改善点をすぐに取り入れて次のプレゼンを成功させました。

効率的な行動

すべての行動を効率的に進めることにこだわります。例えば、ショッピングでも事前に必要なものをリストアップし、最短ルートで買い物を済ませます。ある日、友人とショッピングに行った際、リストを見ながら計画的に店を回り、短時間で必要なものをすべて購入しました。

即時の対応力

予期せぬ事態にも即座に対応できます。例えば、イベント中にトラブルが発生したときも、冷静に状況を把握し、迅速に解決策を実行します。あるイベントで音響トラブルが起きた際、ESTPは即座に代替プランを提案し、スムーズにイベントを続行させました。

新しい技術に敏感

最新の技術やガジェットに敏感で、すぐに取り入れます。例えば、新しいスマートフォンやアプリが発売されると、いち早く購入して試してみます。ある日、新しいフィットネストラッカーを購入し、その日のうちにすべての機能を試して、友人にその利便性を熱心に語っていました。

フレキシブルな対応

状況に応じて柔軟に対応することが得意です。例えば、旅行中に天気が悪くなったときも、予定を変更してインドアのアクティビティを楽しむことができます。ある旅行で雨に降られた際、ESTPは即座に美術館ツアーを計画し、友人たちと一緒に楽しい一日を過ごしました。

直感的な判断力

直感的な判断を下し、行動に移します。例えば、新しいビジネスパートナーの信頼性を直感的に判断し、迅速に契約を結ぶことがあります。ある商談で相手の誠実さを直感的に感じ取り、その場で契約を決めて成功に導いたことがあります。

エネルギッシュな生活

常にエネルギッシュで、アクティブな生活を送ります。例えば、平日の仕事の後にジムでトレーニングをし、その後友人とディナーを楽しむなど、忙しい日々を過ごしています。週末にはハイキングやスポーツを楽しみ、常に体を動かしています。

実践を重視

理論よりも実践を重視し、経験から学びます。例えば、新しいプロジェクトに取り組む際も、まずは実際に手を動かしてみることで最適な方法を見つけます。新しいマーケティング戦略を試す際、まず小規模なキャンペーンを実施し、その結果から学びを得て改善していくスタイルを取ります。

ポジティブな思考

失敗しても前向きに捉え、次の挑戦に活かします。例えば、ビジネスの失敗を経験した際にも「これは貴重な学びだった」とポジティブに捉え、次のプロジェクトに生かします。ある失敗の後、ESTPは「次はこの点を改善しよう」と前向きな姿勢を保ち、新しい挑戦を続けました。

まとめ

ESTP(起業家)は、そのエネルギッシュな性格と行動力から、数多くの「あるある」事例を持っています。彼らの特性は、周囲に刺激と活力をもたらし、多くの人々から愛される存在です。今回紹介した20の「あるある」事例を通じて、ESTPの特性とその魅力を理解し、彼らとの関係をより深く築くためのヒントを得ていただければ幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次