ISFJ(擁護者)「生きづらい」と言われる理由20選まとめ

  • URLをコピーしました!
斎藤あかり
サイト管理人 / パーソナル診断士 / 心理学修士卒業
こんにちは!斎藤あかりです!普段は企業にお勤めの会社員様に向けた心理療法を実施しています。心理学の修士を卒業しています。

ISFJ(擁護者)は、MBTIの16パーソナリティーズの中でも特に献身的で思いやりのあるタイプです。彼らは他者の幸福を第一に考え、細やかな配慮と優しさで周囲を支える存在です。しかし、その特性ゆえに「生きづらい」と感じることも少なくありません。本記事では、ISFJが「生きづらい」と感じる20の理由を具体的なエピソードと共にユニークかつ丁寧にご紹介します。

16性格タイプ診断をまだ受けていない人は16personalities公式からぜひ受けてみてください!

あわせて読みたい
ISFJ(擁護者)との相性ランキング【相性が良い/相性が悪い性格一覧】  なんと今なら!以下のMBTI解説本がすべて無料で読めるの知ってた? 無料で読む方法は以下をチェック!期間限定なのでお見逃しなく!⇒「【すべて無料】MBTIのオススメ本...
目次

「生きづらい」と言われる理由20選まとめ

他人の感情を優先しすぎる

ISFJは他人の感情を非常に重視します。例えば、友人が悲しんでいると、自分の感情を後回しにしてその友人を支えることが多いです。ある日、友人が恋人と別れて落ち込んでいるとき、ISFJは自分の大切な仕事を後回しにして友人の話を一晩中聞き、慰め続けました。自分の疲労やストレスを感じつつも、友人の笑顔を見るために全力を尽くすのがISFJの特徴です。

断るのが苦手

何か頼まれたときに断るのが苦手で、無理なお願いも引き受けてしまうことがあります。例えば、仕事の同僚から急な手伝いを頼まれた際、自分の仕事が山積みでも引き受けてしまいます。ある時、ISFJは自分のプロジェクトの締め切りが迫っているにもかかわらず、同僚のプレゼン資料作成を手伝うことになりました。結果的に自分の仕事が遅れ、上司から注意を受けることになりましたが、それでも他人を助けることに満足感を覚えるのがISFJです。

自分の意見を言いにくい

自分の意見を主張することが苦手で、周囲の意見に合わせることが多いです。例えば、グループディスカッションで自分の考えがあっても、それを口に出せないことがあります。会議の場で新しいプロジェクトの方向性について話し合うとき、ISFJは自分のアイディアを心の中で温めつつも、他のメンバーの意見を優先してしまいます。結果的に、プロジェクトの進行に対して不満を抱えることになりますが、周囲の調和を重んじるために自分の考えを抑えるのが特徴です。

過度な自己犠牲

自分の時間やエネルギーを他人のために使いすぎてしまうことがあります。例えば、家族のために休日をすべて使い、自分の休息時間が取れないことがあります。ある日曜日、ISFJは自分の趣味に時間を割く予定でしたが、家族が急に引越しの手伝いを頼んできました。彼は自分の計画をすべて変更し、一日中家族のために働き続けました。彼の献身は家族に感謝されましたが、彼自身は疲労困憊してしまいました。

完璧主義

何事も完璧にこなそうとするため、ストレスを感じやすいです。例えば、職場でのプロジェクトを完璧に仕上げるために、必要以上に時間をかけてしまいます。あるプロジェクトで、ISFJは資料の細部にまでこだわり、デザインやレイアウトに時間を費やしました。結果的に、他のメンバーが提出したものよりも高品質な成果物を提出しましたが、そのために多くの時間とエネルギーを費やし、体力的にも精神的にも疲れ果てました。

過去の出来事にとらわれる

過去の失敗や後悔を引きずりやすく、前向きに考えるのが難しいことがあります。例えば、昔のミスを思い出しては自己嫌悪に陥ることがあります。数年前に職場で重要なミスを犯した経験があるISFJは、その失敗を今でも時折思い出してしまいます。新しいプロジェクトに取り組む際にも、その失敗が頭をよぎり、同じ過ちを繰り返さないようにと過度に緊張してしまいます。

変化に対する不安

新しい環境や状況に適応するのが苦手で、不安を感じることが多いです。例えば、新しい職場に移るときに強い不安を感じ、ストレスを抱えます。ISFJが新しい職場に移ることになった際、彼は新しい同僚や業務に慣れるまでの期間、毎日強い不安感と戦いました。彼のストレスは体調にも影響し、頻繁に頭痛を感じるようになりましたが、持ち前の責任感で何とか乗り越えました。

過度に人に頼られる

周囲から頼られることが多く、負担を感じることがあります。例えば、家族全員が自分に家事や用事を頼んでくるため、自分の時間が取れなくなります。ISFJは家族全員の信頼を得ているため、何か問題が起きると真っ先に頼られる存在です。ある日、家族全員が体調を崩し、ISFJは仕事の合間を縫って家事や看病を一手に引き受けました。自分の健康や休息を犠牲にしてでも、家族を支える彼の姿勢は尊敬されましたが、心身ともに疲れ果てました。

批判に弱い

批判を受けると非常に落ち込みやすいです。例えば、職場で上司からの指摘を受けたとき、それを深刻に受け止めてしまい、長時間悩むことがあります。ISFJは、上司からプロジェクトの進行について批判的なコメントを受けた際、その言葉を何度も思い返してしまいます。自分の努力が否定されたと感じ、自己評価が下がり、数日間はそのことばかり考えてしまいます。

境界線が引けない

他人との間に適切な境界線を引くのが苦手で、過度に関与してしまうことがあります。例えば、友人のプライベートな問題に深入りしすぎてしまい、自分も疲れ果ててしまいます。ある友人が恋愛の問題で悩んでいるとき、ISFJはその友人の話を何時間も聞き、アドバイスを続けました。友人が立ち直るまでの間、毎晩遅くまで電話で話し、ISFJ自身の睡眠時間や休息を犠牲にしました。

自己評価が低い

自分の能力や価値を低く見積もる傾向があります。例えば、どれだけ努力しても自分が十分ではないと感じることがあります。ISFJが大きなプロジェクトを成功させた後でも、自分の貢献を過小評価し、「もっとできたはずだ」と自己反省します。周囲からの称賛や感謝の言葉を受けても、それが本当に自分の実力なのかと疑問を抱くことが多いです。

他人の期待に応えようとする

周囲の期待に応えようとするあまり、自分を犠牲にすることが多いです。例えば、職場での高い期待に応えるために、長時間労働を続けてしまいます。ISFJは、上司から重要なプロジェクトを任された際、期待に応えたい一心で深夜まで働き続けました。彼の努力はプロジェクトを成功に導きましたが、健康を損なう結果となり、体調を崩してしまいました。

秘密を抱え込みがち

他人の秘密や悩みを抱え込み、自分自身が重荷を感じることがあります。例えば、友人の重大な秘密を聞いたとき、それを誰にも言えずに一人で悩み続けることがあります。ある友人が深刻な家庭問題を打ち明けたとき、ISFJはその秘密を守り続けると決めました。友人の話を聞くたびに心が痛み、自分もその問題の一部を背負っているかのように感じました。

感情のコントロールが難しい

自分の感情をコントロールするのが難しく、ストレスが溜まりやすいです。例えば、仕事のストレスを家庭に持ち帰ってしまうことがあります。ISFJは、職場でのプレッシャーからくるストレスを家に持ち帰り、家族との夕食中にもその影響が現れてしまいます。家族に対してつい苛立ちを見せてしまい、その後自己嫌悪に陥ることが多いです。

感情に流されやすい

感情に流されてしまい、冷静な判断ができなくなることがあります。例えば、友人の悲しみに共感しすぎて、自分も同じように悲しくなってしまいます。ある友人が失恋で落ち込んでいるとき、ISFJはその友人の悲しみに深く共感し、自分も涙を流して一緒に悲しみました。友人の感情が強すぎて、自分自身の感情もコントロールできなくなることがあります。

現実逃避しがち

現実の問題から逃れようとすることがあります。例えば、仕事のストレスが限界に達すると、長時間映画を見たり、趣味に没頭して現実から目を背けることがあります。ISFJは、仕事のプレッシャーが強いときには、夜遅くまで映画を見続けて現実のストレスを忘れようとします。しかし、現実逃避の時間が長くなると、さらに現実に戻るのが辛くなり、問題が積み重なることがあります。

他人の期待に過剰に応えようとする

他人の期待に応えようとするあまり、自分を犠牲にすることが多いです。例えば、家族のために自分の計画をすべて変更してしまうことがあります。ISFJは、家族が期待する役割を全うするために、自分のキャリア計画を後回しにすることがあります。例えば、家族の介護が必要になった際、自分の昇進のチャンスを犠牲にして家庭に留まることを選びました。

長時間のコミットメントが苦手

長時間一つのことにコミットするのが苦手で、集中力が続かないことがあります。例えば、長時間の会議や研修で集中力が切れてしまうことがあります。ISFJは、長時間の会議が続くと、次第に集中力が低下し、重要なポイントを見逃してしまうことがあります。会議後には、自分の注意力散漫を反省し、次回はもっと集中しようと努力しますが、再び同じ問題に直面することが多いです。

孤独を感じやすい

周囲に人がいても孤独を感じやすいです。例えば、職場で多くの同僚がいても、自分だけが理解されていないと感じることがあります。ISFJは、チームの中で自分の意見や感情が共有されないと感じることがあり、その結果として孤独感を抱くことがあります。職場での社交的なイベントでも、自分が一人浮いているように感じることが多く、孤独感を感じることがあります。

自己主張ができない

自分の意見や感情を率直に表現するのが苦手で、溜め込んでしまうことがあります。例えば、友人との意見の食い違いがあっても、それを言えずに我慢してしまいます。ISFJは、友人とのディスカッションで自分の意見が異なる場合でも、その意見を表現することを避けがちです。結果として、自分の感情や不満を内に秘めてしまい、ストレスを溜め込むことになります。

まとめ

ISFJ(擁護者)は、その優しさと献身的な性格から、他人を支えることに長けていますが、その特性ゆえに「生きづらい」と感じることも多いです。周囲の感情を優先し、自己犠牲を強いられることが多いため、ストレスや疲れを感じやすいです。今回紹介した20の「生きづらい」と感じる理由を通じて、ISFJの特性とその苦労を理解し、彼らをサポートするためのヒントを得ていただければ幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次